自動車整備に必須の工具

ドライバー

スクリュードライバー(ドライバー)はかっこいい名前なので男性向けですね。

自宅のガレージで自動車の整備やメンテナンスをやりたがる男性の数は年々減少 しているようで寂しい限りなのですが、それでも新車を購入してしばらくの期間は 休日ごとに洗車をしたりタイヤを外してみたり車内の清掃をしたりと、愛車を綺麗 に魅せることに最大限の努力を惜しみません。 そこから車との関係が進展するとエンジンオイルの交換をしたりタイヤを外したり、 自動車整備にも興味を持つようになるのですが工具が必要になるメンテナンスだと 女性は敬遠しがちかもしれません。 自動車の整備向けの工具に限らずそうしたツールは男性の目を奪うことはあっても、 昔から女性にはあまり見向きされない存在でした。 そんなメンテナンスに欠かせない工具の代表格は、なんといってもドライバーでしょう。 この工具は愛車の整備だけでなく日曜大工にも使いますし、どこの家庭にでもある 電化製品でも分解するのには使用されますので身近な工具かもしれません。 ちなみに自動車を運転するドライバーのことではありません。 先端が+と-の形状をしていてネジに当てて回すアレで、男性だけでなく妙齢の女性 でも見たことも触ったことも使ったこともないという方はいないほど流通しており、 整備士や分解マニアでなくとも何度か回したことがあるでしょう。 このドライバーは自動車整備には欠かせない工具で、車の部品にはプラスのネジが ほとんどにも関わらずマイナスドライバーも活躍する機会が多くあります。 もし整備工場へ車検を依頼して老練な整備士の手際を観察するチャンスに恵まれたの ならじっくりドライバーの扱い方を盗み見してみましょう。 ネジを回す以外の利用法、タガネのように使ったり叩きつけるのに使ったりと、ネジ に関係のない仕事も任せられる万能ツールとしてマイナスドライバーは光り輝いて、 見る者の心を奪ってしまうはずです。 男性なら月に1度は手にして握り締めるドライバーなので基本的な扱いは習得している かもしれませんが、ドライバーはただ回せば良いのではなく、押しながら回すのが 正しい基本操作なことは理解しているでしょうか。 押す力が弱いままで強く締められたネジを緩めようと力いっぱい回そうとすると、 ネジの溝に沿って+の先端部分が浮き上がってしまいます。 これではネジの溝を舐めてしまい、ドライバーの方は無傷でもネジ山がダメになって 外すことがより困難になってしまいます。 整備士なら「それはカムアウト現象だね、素人が陥りやすい罠だから気を付けな」 と言いそうなこのミスはプロなら避けられるのですが、自動車整備歴の浅いドライバー にはよく見られる初歩的な失敗です。 サイズの合わないドライバーを使ってもこうしたことは起こりやすいので、数種類の ドライバーを常備することが愛車の整備・点検を行ううえでのスタートラインです。 ドライバーの構造はネジ山に差し込む先端部分の刃先、握り締めるグリップ、それを 繋げるシャフトの3つで構成されています。 貫通タイプならシャフトがグリップの中を貫通しているのでとっても頑丈、お尻の 部分をハンマーで叩いてもへっちゃらなのでマイナスドライバーならいろいろと応用 した使い道が、アイデア次第でいくらでも湧き出てきます。 使いやすさはグリップを握り締めて自分の手の平にフィットするかどうかを確認し、 「これは握りやすい」「この感触はいまいちか」と相性を調べることで感じられます。 製品としての選択方法には先端部分が磁石になっているかどうかで判断する人もおり、 磁石タイプなら取り外したネジがネジ山に引っ付くので紛失する心配が少ないため 作業が捗ると評判なので、これから初めて自動車整備をやろうとする方にはぜひこの 磁石タイプをお勧めします。 なにはともあれ長く使い続けるのなら自分にフィットする、握り心地のよいグリップ であることを最優先させるのが一番かもしれません。